薄毛(AGA)改善教室

『AGA』を改善できた私のリアルな情報を提供。AGAを改善するために必要な成分や薄毛の原因等AGAに関することを更新していきます。

薄毛改善 原因

薄毛を改善するのにヘアサイクルを知っておこう

投稿日:2016年12月26日 更新日:

ヘアサイクルを知ろう

体に生えている毛には寿命があります。放っておけばどこまでも伸び続けるということではないのです。

すべての毛はヘアサイクルというものに基づき、生えたり抜けたりしています。

毛の髪も同様で、寿命が尽きると抜けてしまうのです。そして新しい髪の毛へと生まれ変わります。

ヘアサイクルは、『成長期』『退行期』『休止期』の繰り返しを言います。

ヘアサイクル

成長期(2年〜6年)

成長期に毛根が成長し、新しい髪の毛が生えます。その髪の毛は2年〜6年程、成長し続けます。

通常は、全体の80~90%が成長期の髪の毛となります。

 

退行期(約2週間)

退行期は毛根が徐々に小さくなっていきます。退行期は髪の毛を成長させる活動が鈍くなります。

約2週間ほどで毛根が完全に働かなくなり、髪の毛の成長が止まってしまい、休止期に入っていきます。

 

休止期(3ヶ月~4ヶ月)

休止期は髪の毛の成長が止まり、毛根が眠ってしまう状態です。

約3ヶ月~4ヶ月程再び成長期に入っていきます。

休止期の髪の毛は成長期で新しく生えてきた髪に押し出されたり、

シャンプーやドライヤーなどの日常生活の中で自然に抜けていきます。

 

AGAのヘアサイクル

薄毛(AGA)の人は、正常な頭皮のヘアサイクルと比較すると成長期が短くなってしまうのです。

正常なヘアサイクルの成長期は上で説明した通り、2年~6年ですが、

薄毛(AGA)の人は成長期がそれより短くなっている可能性があります。

つまり、成長期が短くなり、毛根が十分に成長できないのです。

そして、通常よりも早く退行期・休止期に移行し、毛根が小さい状態が続くので、抜け毛が増えていくのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘアサイクルが短くなる原因

ジヒドロテストロン(DHT)の影響

AGAのおもな原因と言われているのはジヒドロテストロン(DHT)

といわれる男性ホルモンの一種です。

男性ホルモンの一種であるテストステロン(TH)が、5αリダクターゼという還元酵素の働きにより、

ジヒドロテストステロン(DHT)に変換されます。

そのジヒドロテストロン(DHT)髪の毛の成長を止め、ヘアサイクルを短くするのです。

ヘアサイクルを正常に保つためには、このジヒドロテストロン(DHT)を抑制する必要があります。

DHTとTH

TH(テストステロン)の作用

  • 性欲の増加
  • 精子生成量の増加
  • 生殖器の増大
  • やる気、行動力の増進
  • 骨格・筋肉の成長

DHT(ジヒドロテストステロン)の作用

  • 薄毛
  • 精力の減退
  • 前立腺が肥大
  • 体毛の増加

DHTはどのようにして誕生するのか?

DHTはどのように誕生するのか?それを知ることで薄毛改善により効果的な対策が可能となります。

男性ホルモンのTH(テストステロン)5αリダクターゼ(Ⅱ型)という還元酵素によって

男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されます。

そして誕生したこのDHTが毛乳頭細胞の受容体に結合してしまうことにより、

髪の毛を作る為の細胞分裂が減ってしまうのです。

このDHTによって髪の成長を抑制してしまう働きがある為、髪の毛が弱く、抜けやすくなり、

抜け毛や薄毛の症状が出てきます。

これがDHTが薄毛の原因の第1と言われる理由です。

ジヒドロテストロンを抑制するためには?

ジヒドロテストロンを抑制するためには、生活習慣を見直すことが重要です。

テストステロンを減少させ、ジヒドロテストステロンを増やしてしまう原因には生活習慣も大きく関わってきます。

①食生活
イソフラボン・亜鉛には5αリダクターゼの抑制効果があります。亜鉛を多く含む食品(納豆、カキ、牛肉、レバーなど)を
多く摂取するようにしましょう。
食事内容での改善が難しいときはサプリメント等で摂取するのも一つの方法です。
②睡眠
テストステロンの増加にとって睡眠は大事な要素です。良質な睡眠をとるために寝る前のカフェイン摂取などは止め、
十分睡眠時間を確保するようにしましょう。
③運動
適度な運動でテストステロンの増加を促すことができます。家で簡単にできるストレッチや筋トレなどでも効果はありますので
毎日少しでも体を動かすようにしましょう。

 

抜け毛・薄毛を進行させてしまうジヒドロテストステロンを抑制するには、以下のような方法が有効です。

ジヒドロテストロンを抑制するためには、

AGA専門クリニックで治療薬の処方を受ける。

【ジヒドロテストステロンを抑制する治療薬】
5αリダクターゼに作用する成分を配合した、 『プロペシア』という飲み薬があります。
5αリダクターゼを抑制することにより、テストステロンからジヒドロテストロンへ変わるのを防いでくれます。
※『プロペシア』はフィナステリドという成分が含まれた治療薬です。
フィナステリドについては こちら を参照してください。

-薄毛改善 原因

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

頭頂部が薄いのは改善できるのか

          最近、頭頂部の髪の毛が薄くなり頭皮が見える様になってきたという人はAGAの可能性があります。 頭頂部の髪の毛が薄くなるのにはいくつ …

【衝撃】冬に抜け毛が増える『3つの原因』しっかりと薄毛対策を

        『抜け毛増える季節』はAGAが進行するのではと心配になります。 抜け毛が多い季節としてよく言われているのは秋です。 確かに秋は抜け毛が多い季節と …

ワカメや昆布でハゲが治るというのは本当なのか

          ワカメや昆布の海藻類を食べるとハゲが治る、髪の毛が生えると言うような事をよく聞きます。 しかし、本当なな海藻類を多く食べるとハゲが …

【頭皮環境が悪化】フケが発生する原因と薄毛との関係は?頭皮環境の悪化が薄毛を招く

          頭皮が痒くなったり、フケが発生する人は頭皮環境が悪化している可能性があります。 頭皮環境が悪化する事により、抜け毛が増えたり、薄毛 …

薄毛と抜け毛の本数は関係ない

          最近抜け毛が多くなり、ハゲてくるのではないかと心配する人も多いと思います。 もちろん抜け毛が多くなり過ぎると薄毛になったり薄毛を進 …

表示数

最近のコメント