薄毛改善教室

薄毛(AGA)に悩み、薄毛を改善した管理人が薄毛を改善する方法を教えます

薄毛改善 成分

薄毛改善に重要な成分等

投稿日:2016年12月22日 更新日:

薄毛改善に重要な成分とは?

薄毛を改善するのに重要な医薬品の成分や栄養素等を記載していきます。

シャンプーや育毛剤に入っている成分で、育毛や発毛に効果的と言われている成分

頭皮環境を整えるのに必要な成分髪の毛の元となる成分等、薄毛改善には欠かせない成分は

いくつかあります。

 

有名な成分もあればあまり知られていない成分、また、新しく薄毛改善に注目されている成分もあります。

飲み薬や育毛剤、シャンプー等薄毛を改善するのに何を選択するのかにもよりますが、

ここで紹介している成分を知っておき、購入する商品を検討するときに参考にしてもらえればと思います。

 

ミノキシジル

ミノキシジルには血管を拡張する作用があり、血圧を下げる働きがある為、

もともと高血圧の薬として使用されています。

育毛剤として使用することにより、毛細血管の血流を促進し、毛母細胞を活性化させる事ができる。

頭皮に対しての使用する臨床試験が行われ、脱毛症に非常に有効だと発表されました。

 

現在では、ミノキシジルは発毛に非常に効果的な薬剤であると広く知られるようになっています。

ミノキシジルは、「頭皮から吸収されにくいため、塗るタイプの外用薬よりも

ミノキシジルタブレットとして服用した方が効果がある」と言われています。

 

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルは発毛に非常に効果的ではありますが副作用のリスクもあります。

もちろん全ての人に副作用が出るわけではありません。

ちなみに私もミノキシジルタブレットを服用して、薄毛を改善することができましたが

特に副作用はありませんでした。

あえて言うなら、体毛が少し濃くなりましたが特に気になるほど濃くなったわけではありませんでした

一般的に言われているのは、ミノキシジルの持つ血管拡張の効果による血圧の低下や心拍数の増加、むくみ、吐き気などです。

元々、高血圧患者のための薬ですので血圧低下の作用は大きく、低血圧の人は血圧が下がりすぎることもあります。

そのため、低血圧などの疾患がある人や何らかの病気を持っている人はミノキシジルを使用する前に医師に相談して、

万が一、副作用が出た場合はすぐに使用を止めて、医師の診察を受けることが推奨されています。

 

フィナステリド

フィナステリドという成分はプロペシアという商品名で97年に米食品医薬品局の認可を取った世界で初の男性型脱毛症用の薬です。

薄毛の原因の1つとされる男性ホルモンの働きを弱める効果があります。元々は、前立腺肥大症や前立腺がんの治療薬に使われており、

体毛が濃くなるという副作用があったことから研究され、発毛効果が認められました

日本では2005年に厚生労働省に承認され、同年12月に発売されました。

米食品医薬品局が認めた男性型脱毛症用薬は、このフィナステリドミノキシジルです。

男性型脱毛症以外の脱毛症(円形脱毛症等)に対しては効果がないとされています。

 

フィナステリドの副作用

フィナステリドも発毛に非常に効果的ですが、副作用もあると言われています。

フィナステリドの副作用としてよく挙げられるのは性欲減退や勃起障害、うつ、肝機への障害、精子減少などがあります。

こういった副作用が発症する確率は…

発症率

性欲減退    1.8%

勃起機能の低下   1.3%

肝機能障害   不明(もともとの肝臓機能による)

うつ病   1.0%

精子減少    1.1%

(AGAルネッサンスクリニック参照)

 

これを見ると、副作用が発生する確率は非常に低いことがわかります。

ちなみに私は現在もフィナステリドを服用していますが、副作用は出ておりません。

性欲減退に関しても特に感じておりません。(元々性欲が強いせいかもしれまさんが…)

しかし確率が低いとはいえ、副作用が起こる恐れはあります。服用する際は十分に注意する必要があります。

 

M-034エキス

チャップアップやブブカといった特定の育毛剤に配合されている成分です。

海藻が髪の毛に良いと言われている言い伝えを科学の視点から研究した結果、

ワカメやコンブなどに含まれるぬめり成分をエキス化しています。

M-034エキスはアルギン酸という成分がもとになっています。

アルギン酸は、これまで美肌化粧品などに良く使用されていましたが、

育毛効果があるということが分かり、育毛剤に使用されるようになりました。

非常に高い育毛効果であり、男性型脱毛症の治療に使用されるミノキシジル(上記紹介)

の血管拡張剤と同等だといわれております。それは厚生省にも認定されています。

M-034エキスが注目されている理由は、薄毛治療薬として有名な

ミノキシジル(上記で紹介)とほぼ同等の効果を発揮するという点です。

アメリカで発毛効果があると認可されている『ミノキシジル』と『M-034エキス』の効果を

比較したところ、非常に効果的な毛髪の再成立を示しました。

 

 

 

 

 

 

M-034エキスの副作用

M-034エキスは天然成分のため体への負担がほとんどないとされています。

皮膚が敏感な人やアレルギー体質の男性でも副作用の心配がほぼないということになります。

 

キャピキシル

キャピキシルはカナダのLUCAS MEYER COSMETICS社という会社によって開発された発毛成分で、

医学的な検証に基づくAGA治療薬と違い、天然成分に由来する効果を科学的に検証し、

革命的な発毛成分として近年急速に注目を浴びています。

薄毛改善の治療薬の最前線とされている発毛医薬品『ミノキシジル(上記紹介)』に対して、

約3倍の発毛効果が期待できると言われています。

 

 

 

 

 

 

上記の表のようにミノキシジルの約3倍の育毛効果が発表されていますが、

実はキャピキシルとミノキシジルでは毛髪に作用するポイントが違うのです

ミノキシジルは主に毛根部分に血液をおくり、毛細血管の拡張と、毛母細胞の活性化によって発毛効果を生みます

それに対して、キャピキシルでは男性ホルモンによる毛根衰退

ヘアサイクルの狂いを止めて萎縮してささまった毛母細胞を復元させる作用によって発毛効果を生みます。

簡単に言えば、キャピキシルには脱毛を止める作用と毛根復元による発毛作用が発生する為、

ミノキシジルよりも効果的な作用が生まれると言うことです。

現在キャピキシルの利用者数はかなり増えており、利用者の90%以上が高い発毛効果を体感しています。

今後薄毛治療においてミノキシジルと同様に育毛・発毛の要になることは間違いないでしょう。

 

 

キャピキシル使用5ヶ月経過写真

 

 

キャピキシルの副作用

キャピキシルは天然草がベースとなっている発毛成分ですので、

発毛医薬品にみられる副作用の可能性はないと言えます。

皮膚が敏感な人やアレルギー体質の男性でも副作用の心配がほぼないということになります。

 

ピディオキシジル

ピディオキシジルは育毛のために開発された成分です。(正式名称:ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド)

ピディオキシジルは現在毛髪用のスカルプエッセンスとして使用されていますが、毛髪用として登場する前は

まつ毛の美容液として発売され、非常に効果が高いと評判になりました。

 

「ピディオキシジル」いち早く取り入れたまつ毛美容液は2013年に

発売された「スカルプD ボーテ ピュアフリーアイラッシュ」です。

 

 

今までまつ毛を健やかにする美容液は多数ありましたが、このピディオキシジルが配合された美容液を塗ると、

まつ毛が生えてくるという意見が非常に多かったのです。

 

ピディオキシジルは「ミノキシジル誘導体」と呼ばれており、『ピディオキシジル』と『ミノキシジル』は

そっくりな化学式で表される、育毛成分なのです。

『ピディオキシジル』は『ミノキシジル』にシアル酸やEGFと呼ばれる成長因子が加えられておりますので、

育毛効果をよりアップさせた成分といえます。

 

ピディオキシジルがもたらす効果

効果①血管拡張作用によって薄毛を改善する効果

ピディオキシジルの成分はミノキシジル(上記紹介)と同様にに血管を拡張する作用があります。

血管を広げ、血流をよくすることにより、髪の毛の育ちやすい健康な頭皮に改善します。

また、血行が促進され、発毛に必要な栄養分が毛根にまでしっかりと届くようになります。

育毛や発毛を促し薄毛を改善する高い効果が期待できます。

 

効果②毛母細胞の活発化により発毛促進する効果

ピディオキシジルの成分は、 毛母の細胞分裂を活性化する効果があります。

細胞分裂が活発に行われることにより、毛包全体が大きく成長する為、太く、健康な髪の毛が育ちます。

また、毛包の活性化によって、毛髪の成長期を長くし、休止期を短くし、ヘアサイクルを正常な状態に導くため、

髪の毛の成長を早める効果が期待できます。

 

効果③成長因子による毛母細胞を復活させ、薄毛を改善 

ピディオキシジルには、眠ってしまった毛母細胞を叩き起こす効果もあります。

成長因子の配合により、毛母細胞を復活させ、発毛成分本来の働きを促進する効果があります。

 

まだ日本ではそれほど『ピディオキシジル』配合の商品が出回っておりませんが、

今後は『ピディオキシジル』を中心とした商品がメインになってくる事が予想されます。

 

タンパク質

髪の毛はタンパク質でできていますので、薄毛の改善をするにあたってタンパク質の摂取は欠かせないものです。

タンパク質は皮膚、筋肉・細胞、爪、血液、臓器など、人間が生きていくために必要な体のパーツを構成しているのです。

その中でも、生命の維持と直接関係ない髪の毛については、体内でタンパク質が消費される優先順位が低くなっているのです。

日頃からタンパク質は不足しないように摂取しておく必要があります。

通常、1日に必要なタンパク質の目安は体重1kgに対して1gと言われています。

体重50kgの人なら1日に必要なタンパク質の目安量は50gという事になります。

しかし、薄毛改善のためにタンパク質を摂取する為には目安量よりも多くのタンパク質を摂取する必要があります。(上記にも記載した通り髪の毛にタンパク質を消費する優先順位が低い為)

タンパク質を多く含む食材
卵、肉、魚、牛乳、チーズ、大豆、ピーナッツ等

 

 

-薄毛改善 成分

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

薄毛を改善する育毛剤と成分

薄毛改善の育毛剤ランキングと成分 薄毛で悩まれている男性で市販の育毛剤を色々試したが 効果がなかったという経験をした方は多いのではないでしょうか? 『頭頂部や生え際が薄くなってきた』『薄毛を改善したい …

ミノキシジルの副作用

ページコンテンツ1 ミノキシジルには副作用があるのをご存知ですか?2 ミノキシジルは肝臓に悪いって本当?3 ミノキシジルで多毛症になるって本当?4 ミノキシジルで肌荒れが起こるって本当?5 ミノキシジ …