薄毛改善 薬

プロペシアの副作用は恐い?

投稿日:2017年2月2日 更新日:

 

 

 

 

薄毛の治療薬としてかなり浸透しているプロペシアには副作用があります。

プロペシアの副作用にはどういった症状があるのでしょうか?

また、その副作用はどれくらいの確率で発症するのでしょうか?

プロペシアとは?

まず、ハゲの治療薬としてよく名前を聞く『プロペシア』とは一体どのような薬なのでしょうか?

プロペシアとは薄毛治療によく処方される飲み薬の商標で、フィナステリドという成分が配合されており、このフィナステリドが薄毛を改善するのに効果的な成分となっています

フィナステリドはもともとは前立腺肥大症の患者に投与されていた薬です。

フィナステリドは、5αリダクターゼとテストステロンの結合を妨ぐ作用があり、AGAの大きな原因であるDHTの発生を抑えることができます

薄毛改善の治療薬としては世界中で処方されているところが多く、薄毛改善には非常に効果的です。

プロペシアの副作用は?

薄毛の改善に効果的なプロペシアですが、副作用もいくつかあります。

代表的な副作用は、性欲減退、勃起機能障害、うつ、精子減少などです。

発症率はそんなに高いわけではないですが、誰にでも発症する可能性がある副作用ですので、プロペシアを服用するときには注意が必要です。

発症率

性欲減退    1.8%

勃起障害    1.3%

うつ          1.0%

精子減少    1.1%

副作用発症の調査結果は上記の通りで、かなり低い発症率となっております。

この発症率を高いととるか低いととるかは人それぞれかと思います。

しかし、こういった副作用が発症する可能性は誰にでもあるということを理解しなければいけません。

 

プロペシアで薄毛治療

プロペシアの副作用については説明してきましたが、それでも服用を考えている方はクリニックで受診し、必ず医師の指導のもと服用するようにしましょう。

特にこれから子作りをする人や何らかの病気を持っている人は医師に相談して下さい。



-薄毛改善 薬

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分の髪の毛を生やして薄毛を改善しよう

        現在日本人男性の約30%がAGA(男性型脱毛症)で悩んでいると言われています。 AGA(男性型脱毛症)とは思春期以降に頭頂部や前部、もしくはその …

【体験談】発毛剤(ミノキシジル、デュタステリド、フィナステリド)の服用を止めるとバゲる!

            ミノキシジル、フィナステリド、デュタステリドが配合されている内服薬で薄毛(AGA)治療を 行っている人は薬の服用を止 …

『デュタステリド』と『ミノキシジル』の併用が1番効果的!

        内服薬でのAGA治療を考えている人や現在治療中の人は『デュタステリド』と言う成分や 『ミノキシジル』と言う成分をよく聞くのではないでしょうか。 …

※注意 10代の若ハゲ対策にプロペシアやミノタブは使用できない

      最近は10代でAGAの症状がでて、若ハゲで悩む男性が増えております。 高校生や早ければ中学生で薄毛に悩む人もいます。 10代で薄毛が進行してしますと、学校で若 …

ザガーロ(デュタステリド)のジェネリック薬【デュタボルブ】を購入してみた

          AGA治療薬として有名なザガーロ(デュタステリド)は効果があると厚労省から認定されており、実際にAGAクリニックでも多く処方されて …

最近のコメント