薄毛改善教室

薄毛(AGA)に悩み、薄毛を改善した管理人が薄毛を改善する方法を教えます

 

 

 

 

薄毛(AGA)で悩む人は多いですが、近年薄毛(AGA)は改善できます。

改善の方法は進行具合や年齢によって変わってきます。

薄毛(AGA)を改善する方法はクリニックでの治療が確実ですが、育毛剤、育毛シャンプーの使用で改善される事もあれば、

生活習慣を改善して薄毛が改善される場合もあります。

薄毛の原因や治療方法、効果のある育毛剤等を紹介していきます。

 

AGAとは?

 

 

 

 

 

 

最近TVのCMや雑誌等でAGAという言葉を聞く事が多くなりました。

そもそもAGAとは何なのでしょうか?

AGAとは男性型脱毛症の事を言い、思春期以降に頭部の前方や頭頂部、

もしくはその両方の髪の毛が薄くなる症状です。

抜け毛が増え、新たに生えてくる髪の毛が細く弱い髪の毛になり、

最終的には髪の毛が生えてこなくなります。

 

薄毛(AGA)の原因は?

 

 

 

 

 

薄毛の原因はいくつかあります。

ストレスによるものもあれば、喫煙や睡眠不足、食生活等の生活習慣が原因となるケースもあります。

しかし、AGAの原因で1番多いのは男性ホルモンによるものです。

また、薄毛(AGA)は遺伝によるものとよく言われていますが、それは事実なのでしょうか?

 

男性ホルモンは薄毛(AGA)の原因?

 

 

 

 

 

男性ホルモンが多いと薄毛(AGA)になるのでしょうか?

結論から言うと、男性ホルモンとAGAは大きな関わりがありますが、

男性ホルモンが多いと確実にAGAになると言うわけではありません。

AGAの原因となる成分にジヒロテストステロンという成分があります。

ジヒロテストステロンは男性ホルモン内のテストステロンと血液中の5a還元酵素が結合することにより発生します。

テストステロン+5a還元酵素=ジヒロテストステロン

という事になります。

男性ホルモンが多く、テストステロンが多くても5a還元酵素が少なければ、AGAにはなりませんし、その逆も同じです。

また、テストステロンが多く、5a還元酵素も多い人でも、その2つが結合しにくい体質であればAGAになりません。

 

薄毛(AGA)は遺伝するのか?

 

 

 

 

 

薄毛(AGA)は遺伝するとよく聞きますが、AGAは本当に遺伝するのでしょうか?

結論から言うとAGA自体は遺伝ではありません。

しかし、上記で説明した様なテストステロン(男性ホルモン)が多い事や5a還元酵素が多い事、

またその2つが結合しやすい体質等は遺伝します。

つまり、AGA自体は遺伝しないがAGAになりやすい体質は遺伝するのです。

自分の親や親戚がAGAであっても、しっかりとした対策を行えばAGAになるのを防ぐことができます。

親や親戚にハゲが多い人は早めに対策を行う様にしましょう。

すでにAGAになり、薄毛がかなり進行している方は正しい治療を行い薄毛を改善していきましょう。

 

喫煙も薄毛の原因

 

 

 

 

 

人によって個人差はありますが喫煙も薄毛の原因の1つです。

髪の毛は血液中の栄養素を吸収して作られますので、血流が悪くなると薄毛になる可能性が高くなります。

喫煙するとニコチンの作用で血管が収縮してしまい血流が悪くなってしまいます。血流が悪くなることにより、

しっかりと頭皮まで髪の毛を生成するための栄養分がいきわたらなくまるのです。

また、喫煙する事によりテストステロンやジヒロテストステロンが増加するという研究結果も出ています。

上記でも説明してましが、ジヒロテストステロンは薄毛の原因となるホルモンですので、

喫煙すると薄毛が進行する可能性が高くなります。

現に禁煙をして薄毛が改善されたと言うケースもあります。

 

ヘアサイクルって何?

 

 

 

 

 

 

これからなんらかの方法で薄毛を改善していく人、または現在薄毛改善に取り組んでいる人は

ヘアサイクルというものを知っておいた方がいいでしょう。

ひとにはヘアサイクルというものがあり、薄毛の人が薄毛を改善するのにどの様な方法であっても3ヶ月〜6ヶ月はかかります。

ただし、当たり前ですが植毛等の改善方法はヘアサイクルは関係ありません。

ヘアサイクルは「成長期」「後退期」「休止期」のサイクルを言い、

全ての髪の毛はこのヘアサイクルに基づいて抜けたり生えたりを繰り返しています。

成長期・・・毛根が成長して新しい髪の毛が生える期間です。成長期の髪の毛は2年〜6年程、成長し続けます。

普通は、髪の毛全体の80%~90%がこの成長期の髪の毛にあたります。

後退期・・・退行期は2週間程しかない期間ですが、後退期には毛根が少しずつ小さくなっていきます。

退行期は髪の毛を成長させる働きが鈍くなります。約2週間ほどで毛根が完全に働かなくなります。

休止期・・・休止期は髪の毛の成長が止まり、毛根が完全に働かなくなる期間です。休止期は約3ヶ月~4ヶ月程度で、

その後再び成長期へと変わっていきます。休止期の髪の毛はシャンプーやドライヤー等の日常生活で抜けていきます。

 

AGAの人のヘアサイクルは?

 

 

 

 

 

通常のヘアサイクルについては上記で説明させて頂きました。

では、AGAの人のヘアサイクルはどの様になっているのでしょうか?

実はAGAの人のヘアサイクルは、正常な頭皮のヘアサイクルと比べると成長期が短くなっているのです。

正常のヘアサイクルは成長期が2年〜6年ですが、AGAの人は成長期が短くなってしまっているのです。

成長期が短くなると毛根が十分に成長できなくなります。

そして、通常のヘアサイクルよりも早く退行期・休止期に移行するため、

毛根が小さい状態が続くので、抜け毛が増えていくのです。

 

薄毛(AGA)改善の最も効果的な方法は?

 

 

 

 

薄毛(AGA)を改善した人はたくさんいます。有名人にも薄毛を改善した人は結構いますよね?

では、薄毛を改善するのに最も効果的な方法はなんなのでしょうか?

結論から言うと内服薬です。今の医学では薄毛(AGA)は99%改善できるのです。

薄毛を改善することができる薬というのが、有名な「プロペシア」と「ミノキシジル」です。

この2つの薬で薄毛(AGA)は改善できます。進行具合によっては「プロペシア」のみの服用で改善できる事もあります。

しかし「プロペシア」や「ミノキシジル」は必ずAGAクリニックで処方してもらい、服用する様にしましょう。

AGAスキンクリニックはこちら

AGA改善の薬「プロペシア」とは?

 

 

 

 

 

プロペシアは薄毛(AGA)を改善する薬としてはかなり有名な薬です。

「プロペシア」とは薄毛改善の治療によく処方される飲み薬の商標です。

プロペシアには「フィナステリド」という成分が配合されており、

このフィナステリドという成分が薄毛を改善するのに効果的な成分となります。

このフィナステリドは元々、前立腺肥大症の治療に使用されていた薬です。

フィナステリドは、5αリダクターゼとテストステロンが結合するのを妨ぐ作用があり、

AGAの大きな原因であるジヒロテストステロンの発生を抑えることができます。

フィナステリドは薄毛改善の治療薬としては世界中で処方されており、薄毛(AGA)の改善には非常に効果的な薬です。

 

AGA改善の薬「ミノキシジル」とは?

 

 

 

 

 

 

「ミノキシジル」も薄毛を改善するのにかなり効果的であることは有名です。

「ミノキシジル」には血管拡張効果があり、元々は高血圧の飲み薬として、使用されてきました。

そして、その副作用によって体の毛が濃くなるという症状が多かった為、育毛剤としての研究が進められ、

現在ではAGAを改善する特効薬として使用されるようになりました。

血管を拡張することにより、頭皮まで栄養分を運ぶことができるようになったと言われていますが、

実はミノキシジルによる発毛のはっきりとしたメカニズムはわかっていないそうです。

ミノキシジルとプロペシアを服用することによって、発毛効果が非常に高まることが判明しており、

薄毛(AGA)改善の治療方法として、ミノキシジルとプロペシアを服用することが推奨されています。

 

プロペシアとミノキシジルの副作用

 

 

 

 

 

 

プロペシアとミノキシジルが薄毛(AGA)を改善するのに非常に効果的であることは説明させて頂きました。

しかし、このプロペシアとミノキシジルには副作用があります。

プロペシアの副作用には、性欲減退、勃起機能障害、うつ、精子減少などがあります。

副作用の発症率は1%〜2%となっており、発症率は低いです。

しかし、誰にでも発症する可能性はありますので、注意が必要です。

ミノキシジルの副作用としては、多毛症、低血圧、肝機能の低下、肌荒れなどがあります。

ミノキシジルの副作用はプロペシアとは違い、発症する確率が高いです。

特に多毛症についてはほとんどの人に発症すると言われています。

また肌荒れについても多くの人が副作用としてあげています。

プロペシアもミノキシジルも副作用がある医薬品ですので、

服用される方は必ずAGAクリニックから処方してもらいましょう。

 

AGAスキンクリニックはこちら

 

 

投稿日:2017年2月21日 更新日:

執筆者: